夢咲音楽館

ゆるーい日常を過ごしています。

【コラム】コロナコロナと言うけれど

[広告]

今朝、私はこんなニュースを目にした。

www.nikkei.com

どうやらマスクは世間で騒がれているほど急を要するわけではないようだ。

(追記 感染拡大防止のためにはやっぱりマスクは欠かせないようです。仮に自分が感染していた場合のウイルス飛沫拡散を防ぐ効果が非常に有効です)

しかし、人は不安にとても弱い。街中からマスクは1つ残らず消えた。そしてフリマアプリやオークションサイトで高額転売されている。価格が規制されればその規制の穴を突くように送料を跳ね上げる。マスクだけではなくついにはトイレットペーパーすら買い占め、転売されている始末だ。

 

 

不安になる気持ちは確かにわかる。私の住む北海道は感染者が次々と報告されて、数日前には知事によって「緊急事態宣言」が出された。その影響は大きく、いつも大勢の人々でにぎわう札幌の街も今週末はがらんとしており、まるで街全体が沈黙に包まれたようだった。そんな不安の中でも私は早く帰りたいな、と思いながら働いていたわけだが。

だからこそ、人々の不安に漬け込み自らの利益のみを優先し高額転売を続ける輩、不確実な根拠でデマを流し人々を混乱に陥れる輩には心底、腹が立って仕方がない。Twitterを見ているとそんな話題しか飛び交っていない。ああ、#安倍はやめろ と #安倍やめるな が争いを繰り広げている。ああ、悪質デマ野郎の個人情報がWikipediaに書き込まれている。ああ、コロナビールやコロナホテルが風評被害を受けている。

 

ああ…、

 

人間って愚かな生き物だ。

 

そう思ったその時だった、私はとあるツイートを見かけた。

それは、マスクやトイレットペーパーの品切れ、高額転売に悩まされている人のツイートだった。そこのリプ欄にはなんと自分は余っているからと、ツイート主に無償提供を呼び掛けるものがあった。1つや2つではない。中には休校の影響で給食が無くなり余ってしまう野菜や牛乳を買い取ろうと名乗り出る人、みんなで買いましょう!と呼びかける人たちも見かけた。

 

人は不安に弱く脆い生き物だけども、たすけあいの精神でどんな困難も乗り越えられる可能性も持ち合わせている。私はそう感じた。

すぐコロナコロナと言うけれど、大切なことを見失ってはいませんか…?

ちょっとだけ、立ち止まって見つめなおせば、希望はそんな簡単に捨てたもんじゃないはず。私はそう思う。

 

twitter.com